2kmkoutitu-1

イベント中にほしのすなを狙ってたまごを孵化するなら10キロを孵化させるよりも2キロを孵化させたほうが効率良いぞ!

ふかそうちに課金できるなら2キロたまごを優先的に孵化させよう!

1キロ辺り貰えるほしのすなは2キロたまごが一番効率が良い!

現在感謝祭のイベント期間中で、ほしのすなの獲得量が2倍になっています。
孵化させた時に貰えるほしのすなの量を1キロ当たりいくつもらえるのかを計算すると2キロを優先的に孵化させたほうがほしのすなはたくさんゲットすることができます!

課金者向けになってしまいますが、2キロタマゴをゲットしたら優先的に孵化させたほうが効率が良くなります!

1キロ辺り貰えるほしのすなの量!

孵化させるたまご 1キロ辺りのほしのすなの量
2km 400~800
5km 320~640
10km 320~640

これはイベント関係なく、一番ほしのすなが貰えるのは2キロたまごです。
早く孵化する分、ふかそうちが大量に消化してしまいますが、課金できるならどんどん孵化装置に入れて孵化させたほうがいいです。

以前2kmたまごはムゲンふかそうちで孵化させようという記事を書きましたが、効率を求めるなら2kmもドンドンふかそうちに入れましょう!

ちなみに経験値の効率は変わらない!

経験値の効率は1kmあたりに貰える経験値は変化なし!

ほしのすなについては効率が良いのは2kmということが分かりましたが、経験値についてはどのたまごでも1km辺りに貰える経験値の量は変わりません。
なので、経験値を求めてたまごを孵化させようと考えている方は、どのたまごでもいいので手に入れたらどんどん孵化装置に入れて孵化させたほうが距離の無駄もなく経験値を獲得することができます!

ただし、しあわせタマゴを使うことで経験値をさらに獲得できるので、孵化するタイミングを揃えてしあわせタマゴを使用してから孵化させると経験値の効率もあがります!

感謝祭イベントの詳細については下記ページを参考にしてください!

コメントを投稿する


サブコンテンツ