ポケモンGOを遊ぶトレーナーにとって今後イングレスが必須アプリになる可能性が高い!

何故イングレスが必要になってくるのでしょうか?

イングレスとポケモンGOは関係性がある!

多くのポケストップやジムはイングレスから持ってきている!

イングレスとはポケモンGOを開発運営するナイアンティック社が制作しているアプリです。
この2つのアプリはどちらも位置情報を使って遊ぶゲームで、イングレスでポータルと呼ばれているものがポケモンGOではジムやポケストップとして登場しています。

たとえば宮城県石巻市にあるポケストップに実物のないポケストップがありますが、これはイングレスでポータルとして登場している記憶のポータルと言うものを引用しています。
記憶のポータルについて詳しくは下記ページをご覧ください。

さらに深い関係性が見つかる!

イングレスを使えばポケモンの出現する場所が分かる?

以前、海外の調査でイングレスにある白い点(XM)とポケモンの湧き方について関係性があると言われていました。
これはアプリがリリースされた時期に言われていたので、詳しい情報はわかっていませんでした!

リリース初期に言われていた噂は下記ページをご覧ください。

海外の調査班が詳細に検証した結果…

この噂について海外の調査班が検証を重ねた結果、白い点XMがある場所にポケソースがあるということが判明しました!

海外の情報は下記ページをご覧ください。
ソース元

XMのある場所にポケモンがいることが多い!

研究の結果では、全てではないですがXMがある場所からポケモンが出現していることを確認しているとのことです。
なのでイングレスを起動して、XMがある地点に移動後、ポケモンGOを起動すればその場所にはポケモンがいる可能性が高いです!

アプリの切り替えを行うのが少し面倒ですが、ポケモン探しを楽にするためにイングレスをDLしてみるのも面白いかもしれません。

コメントを投稿する


サブコンテンツ