12/20(火)に行われたアップデートでiPhone版ユーザーはバックグラウンドでアプリを起動している時でも位置情報が取得できるようになりました!

これによりたまごの孵化距離や、相棒の距離が無駄なく加算されるようになったぞ!

アップデートで位置情報に関する設定が増えた!

許可しておくとバックグラウンドでも位置情報を取得する

12/20(火)に行われたアップデートが多くのユーザーに配信されました。
iPhoneユーザーがアプリをアップデートするとアプリ起動時に『ポケモンGOを使用していないときでも位置情報の利用を許可しますか?』というメッセージが表示されます。
これを許可するとポケモンGOを遊ばずにバックグラウンドで起動している状態でも位置情報を取得するようになります。

たまごや相棒ポケモンの距離が稼げる!

この設定で何が出来るのかと言うと、バックグラウンドでたまごや相棒ポケモンの距離が加算されるようになります。
今までは位置情報を取得できなかったので距離が加算されなかったのですが、設定を許可しておくことでたまごや相棒の距離が稼げます。

プラスを持っていない人でも距離が加算しやすくなったということですね。

その他アップデート情報については下記ページをご覧ください。

歩いた距離を無駄にしない位置情報を常に許可にする方法

端末のアプリ設定から常に許可にチェックを入れる!

設定方法は簡単です。
iPhoneの設定⇒ポケモンGO⇒位置情報⇒常に許可にチェックを入れる
これだけです。
もし、常に許可にしておくのが嫌という場合は『このAppの使用中のみ許可』にチェックを入れましょう!
電池の消費を抑えることができます。

プラスの需要が少なくなる?

この機能が追加されたことでプラスを使っていなくても距離が加算されやすくなりました。
距離を稼ぎたい!と考えている人からしてみるとプラスを使う意味が無くなってしまったのかもしれません。
もちろん、ポケストップやポケモンゲットをするときはプラスを使ったほうが楽と言うのはありますが。

プラスで出来ることや、プラスの便利さは下記ページをご覧ください。

コメントする

サブコンテンツ