ポケモンGOの公式側がサーチアプリなどのサードパーティ製のツールを本格的に潰しにかかっていることが判明しました!

日本のサーチアプリも潰される可能性が高い?

海外のサーチアプリが利用停止!

ポケモン側から通告書が届いた

海外のサーチアプリである『PokéAlert』がすべての利用を停止しました。
この理由として1/24(火)に株式会社ポケモンから知的財産侵害行為などの理由で利用停止の通告書が届いたためとしています。

ポケアラートはこれを受けて、実際に今後も運営を維持継続することは難しいと考えて、利用停止を決定したとのことです。
ポケアラートはGoogleアカウントと紐づけてポケモンの出現場所などを表示していました。
このアカウントの紐づけは以前からBANの対象となる可能性が高いといわれていました。
詳しくは下記ページをご覧ください。

その他のアプリも利用停止になっている!

今回利用が停止されたのはポケアラートだけではなく『Pokémap』も使えなくなっているとのことです。
詳しくはソース元をご覧ください。

本格的にサーチアプリ潰しに動き始めていると考えたほうが良いでしょう。
以前10月にもコイル警備員の実装などと一緒に、サーチアプリ潰しが行われました。

あの時のような一時的なものか、今後本格的に使えなくなるのか現時点では不明です。
10月の対策については下記ページをご覧ください。

ピゴサーチなども使えなくなる?

現時点では使えている模様!

今回利用停止となったのは海外のサーチアプリのようですが、今後日本で利用者が多いP-GOSEARCHやポケタンと言ったサーチツールも使えなくなってしまうのでしょうか?
現時点ではピゴサーチは使えるようですが、今後利用停止となる可能性もあるかもしれません。

以前からサーチアプリに関する討論は行われてきましたが、今回の動きで本格的に潰されてしまうのでしょうか?
サーチアプリ賛成派反対派の意見は下記ページからご確認ください。

コメントする

サブコンテンツ