先日リリースされた韓国でのリリース、世界的に約半年遅れでリリースとなった理由とは一体何だったのでしょうか?

Googleマップ未提供が理由と言われていた!

マップ情報がないとアプリが遊べないと言われていた!

1/24(火)に韓国でポケモンGOがリリースされました!
世界的に配信された昨年7月から約半年以上遅れての配信となりました。

なぜここまで、配信が遅れてしまったのか…
以前は韓国政府が安全保障上の理由でグーグルに地図の情報を提供していないからと言われていました。
実際に、グーグルマップに表示されるソクチョなどはアプリを遊ぶことが出来て、観光客が集まるブームにもなりました。
詳しくは下記ページをご覧ください。

公式が翻訳に時間がかかったと明言!

韓国の記者会見にて発表!

実際に配信が遅れた理由としてナイアンティックのデニス・ファン統括理事は韓国で開かれた記者会見にて『ゲームの内容を韓国語へ翻訳したり、ローカライズ作業に時間がかかってしまい配信が遅れただけだ』と発表。『ポケモンGOは詳細な地図がなくても楽しめる』と会見で説明しました。
詳しくは出典先でご確認下さい。

実際に韓国での地図情報はグーグルのものではなく、一般に公開されている地図データを使って足りない部分を補っているようです。
OpenStreetMapに関するデータがアプリに追加されている事が確認されています。
詳しくは下記ページをご覧ください。

韓国では初日だけでもかなりDLされていた!

韓国ではリリース当日、原因不明のエラーなどでDL出来ない人もいたようですが初日だけでも多くのユーザーがダウンロードしていたことが判明しています。
みんなやりたかったようですし、そういう国にアプリを配信できたのはナイアンティック的にも成功と言えるのではないでしょうか?
早くイベントとか実装して欲しいというのが正直な気持ちですが…

初日にDLされた数は下記ページを参考にしてください。

コメントする

サブコンテンツ