たまごのサイレント修正でケーシィが2kmに降格?

使えるようになったのになぜなんだ…

たまごサイレント修正で中身が変更!

十数匹が変更された!

2/9(木)にたまごの中身が変更されて十数匹のポケモンが産まれてくるたまごのが変わりました。
10kmから5kmになったり、5kmから2kmになったりと変更が行われました。

中身が変更になったポケモンについては下記ページをご覧ください。

ケーシィせっかく強くなったのになんでだ…

そんな中ケーシィも5kmから2kmへと変更が行われてしまいました。
ケーシィの最終進化であるフーディンはCP調整が行われて攻撃用のポケモンとして大出世をしました。
せっかく強くなって需要も上がったのになぜ2kmになってしまったのか…

フーディンの強さについては下記ページをご覧ください。

入手しづらくなったんだよな?

2kmたまご自体の入手確率は低い!

今回の変更で2kmたまごから産まれてくるポケモンは全部で23匹になりました。
変更前の5kmのほうが産まれてくる種類が多かったので孵化する確率自体は上がったのかもしれませんが、2kmたまごの入手確率自体が5kmに比べて低いです。

なので結果的に言ったらケーシィの孵化する確率は低くなったと言えるかもしれません。
今回の変更にあまり納得が行っていない人もいるようです。

皆は今回の修正についてどう思ってる?

今回結構なポケモンたちが変更されましたが皆さんは変更についてどう思っているのでしょうか?
10kmはレアポケモンだけになった印象があるのでラプラスやカビゴンと言った強力なポケモンがゲットしやすくなったと思いますが、それ以外についてはどうなんでしょうか?

下記ページにて意見を募集しているので皆さんのご意見を教えてください!

コメント

  1. 匿名 より:

    2km卵の入手確立、中身の変更あたりから異様に上がっていると思うけど?

  2. 匿名 より:

    「2kmたまご自体の入手確率は低い!」って・・・

    ちゃんとplayしてから記事書きましょうよw

コメントする

サブコンテンツ