breed-metamon-kankei

ブリード機能(繁殖機能)とメタモンには関係があるのでしょうか?どちらもポケモンGOでは未実装になっているため何かしらの関係があるのか調べてみました!

ブリード(繁殖機能)とは

ポケモンGOの新機能!

原作ではジョウト地方(金銀)から実装された機能で、ポケモン同士を育て屋さんという施設に預けると、オス(♂)とメス(♀)のポケモンがタマゴを見つけてくると言う機能です。
ポケモンGOでも今後のアップデートで実装されることが決まっています!
どんな機能になるのか、知りたい人は下記ページから確認して下しさい!/p>

ブリード(繁殖機能)とメタモンの関係

遂にメタモン実装!

11月23日、ついに待ちに待ったメタモンが実装されました。
感謝祭イベントに合わせてメタモンが他のポケモンに『へんしん』して出現しているようです!
メタモンの出現に関しては下記ページより。

現時点では関係性はナシ?

11月23日から実装されたメタモンですが、現時点ではメタモンとブリード機能(繁殖機能)との関係性は何一つ見られません。
ですが、今後のアプデでブリード機能(繁殖機能)が実装された場合を考えると、メタモンを大量にゲットしておいて損はないかと思います!
都内に住んでいるのであれば、レベリングの聖地として有名な錦糸町がメタモンを大量に捕獲できると言う情報があります。
下記ページでは錦糸町のメタモン出現率について掲載していますので参考にして下さい。

メタモンとは?

カントー地方(初代)から登場しているポケモンで、変身の力をもつ数少ないポケモンの1匹です。そして、覚えられる技も『へんしん』1つしか覚えられない代わりに、どんなポケモンにも変身が出来ます。
なぜか、ポケモンGOではレアポケモンで、さらに伝説ポケモンと同じ枠として扱われています!

メタモンと繁殖機能の関連性は?

このメタモンは、一部のポケモンを除けばほとんどのポケモンと繁殖が出来る唯一無二のポケモンです。さらに性別という概念がないためどんなポケモンとも生殖が可能。
しかし、メタモンからメタモンは絶対に産まれてこないという…
そういう理由からメタモンはブリード機能(繁殖機能)には欠かせない存在となりました。

メタモンはアフリカ限定?

ポケモンのブリード(繁殖機能)といったらメタモンでしょう!
メタモンは、1度見たポケモンは、外見だけでなく内見までもマネする事が出来る。というほど、ポケモンのブリード機能(繁殖機能)には欠かせないポケモンです。
メタモンには性別が無いにも関わらず、メタモンと別のポケモンを繁殖させることができるという謎もあります。
今のところ、メタモンは実装されていませんので、もしかしたらブリード機能(繁殖機能)の実装に伴い、メタモンも同時に実装される可能性があります!

メタモンがアフリカ限定ポケモンとして実装されている可能性が出てきました! アフリカ31か国で配信されました。そこで、海外ゲーム解析によって、地域限定の可能性が示唆されています。 詳細は下記から!

メタモンの実装について!

そんな伝説級のポケモン扱いをされているメタモンに実装の目処がたったという噂が流れてきました。
それが、11/7から始まったアップデートにより、メタモンのコードが海外の解析班によって見つかりました!
もしかしたら次回のアプデでメタモンが実装されるかも?

11/23にメタモン実装!

11月23日から感謝祭イベントに合わせてメタモンが実装されました。
ブリード(繁殖機能)とどう関わってくるのかこれからも目が離せません!

今のところメタモンとブリードに関連性はナシ!

メタモンが実装されて、原作のゲームならブリード機能(繁殖機能)と大きな関係性があるのですが…今のところ、ポケモンGOではメタモンとブリード機能(繁殖機能)に関連性はなさそうです!
しかし、今のところ関連性はないものの、何かしら関係が無いとは言えないのでメタモンは多めに捕まえておいて損は無いと思います。
しかし、メタモンの出現率はかなり低くまだ捕まえられていない人も多いようです!

ブリード(繁殖機能)とたまごの関係について

ブリード機能(繁殖機能)と何か関係はある?

原作では、ブリード機能(繁殖機能)とたまごには大きな関係があります。
ブリード機能(繁殖機能)をすることによって、タマゴを入手することが出来ました。
はたしてポケモンGOでのブリード機能(繁殖機能)も同じなのでしょうか?
下記ページでは、ブリード機能(繁殖機能)とタマゴノ関係性について解説しています!

ブリード(繁殖機能)メリットとは?

好きなポケモン・レアポケモンなどを手軽に増やせる!

ブリード機能(繁殖機能)のメリットとして1番大きいのは、好きなポケモン・強いポケモンの進化前・レアポケモンなどをブリード機能(繁殖機能)によって増やすことが出来ます!
そうすることで、簡単にアメなども入手出来るようになる可能性が高く、育成も簡単にできるでしょう!

ブリード(繁殖機能)デメリットはある?

産まれてくるポケモンのレベルが低い?

ブリード機能(繁殖機能)にメリットがあれば、デメリットもあります。
ブリード機能(繁殖機能)で産まれてきたポケモンは、恐らくレベル1の状態で産まれてくるでしょう。そうなると、いくら強いポケモンでも、強化や進化にはアメとほしのすなが大量に必要になります。
そういった育成の手間がかかってしまうと言うのが大きなデメリットになりそうです。

コメントを投稿する


サブコンテンツ