kakin

無課金が、おこう、ふかそうち、ルアーモジュール、しあわせたまごを何個使えるかを紹介しています。

希少価値の高いアイテムの利用は計画的に!

無課金の限界はどこ?

基本的に限界はない!

ポケモンGOは課金者が異常に有利になるようなゲームではありません。非課金の大きなデメリットは、有料アイテムに限界がある(たまご孵化に限界がある)くらいです。のんびりとゲームをプレイできるのならば、いずれレベル40に行けます。

レベル30からが山場

しかし、レベル30からは必要経験値がぐっと高くなるため、人によってはしあわせタマゴや孵化装置を購入しないとやってられないかもしれません。

課金をせずにコインを稼ぐ方法

ジムの防衛ボーナスをゲット!

ポケモンをジムに配置することで、1匹につき10ポケコインもらえます。またほしのすなももらえます。

詳しい説明は下記から

課金をせずにレベル上げする方法

弱いポケモンをこまめに捕まえよう!

塵も積もれば山となる、という感じで経験値が手に入ります。

また、キャタピーやビードルやポッポはアメ12個で進化できるため、進化マラソンが可能です。ポケモンGOプラスがあればさらに、捗ります。

ちなみに、無課金でもらえる有料アイテムの数は?

その前に、有料アイテムってなに?

定義について
・ポケストップから入手できない道具である
・購入することができるどうぐである
・モンスターボールやきずぐすり以外

即ち『おこう』『ルアーモジュール』『しあわせたまご』『ふかそうち』の4つのことを指します!

無課金がもらえる有料道具の数

トレーナーレベル1~20まで

トレーナーレベル21~30まで

トレーナーレベル31~40まで

無課金ではあまり手に入らない道具

ルアーモジュールは合計5個!

ルアーモジュールやふかそうちなど貴重な道具はモンスターボールやキズぐすりに比べ数が少なく、トレーナーレベル20までに手に入る個数は5個です!
ルアーモジュールはポケストップで他のトレーナーがよく設置してくれているアイテムなので、無理に使う必要はありません。

おこうは移動中に使おう!

おこうはポケモンを引き寄せる道具でルアーモジュールと違い自分だけに効果のあるアイテムです。おこうは移動中に効果を発揮するものなので待機時間が長い場所での使用は控えましょう!

ふかそうちはなるべく10kmたまごに使おう!

ふかそうちはとても貴重な道具です。たまごはポケストップから入手できますが、ふかそうちは手に入れることはできません。なので必然的にふかそうちが足りなくなっていきます。なのでふかそうちはできるだけ、10km~5kmたまごに使用するようにしましょう。

コメントする

サブコンテンツ