ポケモンごとの生息地の違いについて

タイプによって生息地に違いはあるのか

海外で絶大な人気を誇るポケGO。
日本ユーザーたちも、配信開始はまだかとリリース情報をチェックする日々です。
そんな中で、海外でリリースされたゲームをプレイする者たちに、ある疑問が生まれています。

それは、PokémonGOは、種族やタイプによって、生息地が違うのか、という疑問です。
日本版がリリースされる前に、ポケモンの入手方法などをしっかりチェックしておきましょう!

タイプによって生息地が決まるわけではない?

生息地の違いについてですが、場所によって多少の出やすさはあるものの、必ずしも関係があるかというと、そうではありません。ゲンガーは幽霊だから心霊スポットに行かないと…という心配もありません!
出現ポケモンは、GPSによる位置情報を使用して決めているようです。
つまり、どれだけ歩いたかによって、出現するポケモンは変わるということです!
また、タイプによって生息地が変わるということもないようです。

水がないところでも水ポケモンは出現する!

例えば、コイキングは水ポケモンですが、水辺にしか出てこない、というわけではありません
スーパーや高速道路の道端に出現したという情報もあるため、基本的にはどこにでもいるようです。
街中にコイキングが出現しすぎてコイキング騒動にもなるかも…?

場所によって出やすさはあるかも…?

背景とマッチしたポケモンが出現することも

ただ、水辺の方が出やすいという情報もあるため、全く関係がないわけではありません。
岩タイプのイワークは岩場に、水タイプのパルシェンは水辺に、ゴーストタイプのゴーストは幽霊が出そうなところに多くいる、ということです!

つまり、超絶レアなポケモンでも案外身近に出現するかもしれない、ということです。眠気がきたらスリーパーがいるのかも!?
そういったポケモンたちを、モンスターボールを使って捕まえる快感を、早く味わいたいものですね!

実際にNianticのヘルプページではこんなことも!

Nianticの公式ページにはポケモンの探し方、捕まえ方について掲載されています。その中に場所によって遭遇できるポケモンは変化しますが、みずタイプのポケモンは、水辺で多く見つけることができます。ともありますので、タイプによっては場所によっての出現率が高くなるポケモンもいるでしょう。

進化先のポケモンはゲットできるの?

野生で出現したという情報有り!!

進化先のポケモンについても、野生で出てくるポケモンはいるようです。
例えば、クラブの進化先であるキングラーは、野生で登場するという情報があります。
まとめると、出現ポケモンは歩いた距離によって決まる。
種族やタイプは生息地とあまり関係はない。
しかし、多少の出やすさはあるらしい。
ということです!

コメントを投稿する


サブコンテンツ