armode-banner

現実世界にポケモンがいるように見えるARモードの使い方や基本情報を紹介しています!

ARモードやりたいけどできない、どうやればできるの?など疑問を解決いたします。

ARモードとは

カメラを使った拡張現実のこと!

拡張現実という言葉自体難しいような気がしますが、ARというのはAugmented Realityの略で日本語にすると拡張現実という意味です。
他にも強化現実などといった意味があり、自分が見ている世界にプラスして架空の存在を表示させるということです。
スマホのカメラでこの機能を使って現実世界にポケモンがいるかのように見せているのがこのARモードというものです!

使えば現実世界にポケモンが登場する!

この機能を使用することで現実世界にポケモンがいるかのように見えます!
自分の身近にポケモンがいるなんて本当にすごい機能ですよね♪
次の項目から実際にどうやったらARモードを使うのかなどを書いていきます!

捕獲時:ARモードの使い方

画面右上をタップでオンオフ切り替え!

ARモードの使い方はとっても簡単!
ポケモンを捕まえる場面で画面の右上のARボタンを押すだけ!
これでARモードのonとoffが切り替えられます!
ここにこんなポケモンがいたら面白いだろうな~というときにはARモードをオンにしてみよう!

ジムバトル:ARモードの使い方

メンバー選びの際、右上のARボタンをタップ

ジムバトルを始めるときに、メンバー(パーティ)を6匹選びます。その際、ウィンドウの右上にARのボタンがあります。これをタップすることで、現実世界を背景としてジムバトルができます。
なお、トレーニングモードでも同じ場所にARボタンが存在します。

ARを使って捕まえやすくする

ARのオン・オフでポケモンの距離が近付く

ARを使っていると、ポケモンとの距離がイマイチ掴めず、ARをオフ(切ってしまう)という人が多いですが。実はこのARモードのオン・オフを切り替えることでポケモンとの距離が短くなります!
ARモードを切った状態で、ポケモンと遭遇し、一度ARをオンにします。その後ARをオフにするとポケモンが最初に遭遇した時よりも近くにいる!という裏技です!
詳しいやり方は下記に掲載していますので、気になった方は参考にしてください。

上手くAR機能が使えないときは…

AR機能を楽しみたいのにエラーが出て使えない…どうすればいいの?そんな疑問を解決していきます!

使えない理由は大きく分けて2つ!

ARが使えない理由は大きく分けると2つあります。
1.『傾きが検出できません』というエラーが出る
2.ARモードの機能は使えるけど画面が表示されない

これらの理由の解決方法を書いていきます!

『傾きが検出できません』というエラーについて

原因:スマホ自体にジャイロセンサーがない!

『ARモードを使用するときに傾きが検出できません、ARをオフにしますか?』というメッセージが出てしまう方は使用しているスマートフォン自体に傾きの検出機能がない可能性が高いです!
格安のスマートフォンなどに多いのですが、スマホ本体にジャイロセンサー・ジャイロスコープという機能が搭載されていない場合は使えなくなってしまいます。

解決法:スマホを変えるしかない!

傾きが検出されませんというエラーの解決方法ですがこの場合は残念ですがARモードを上手く楽しむことはできません。
スマホを機種変更するか、諦めてARモードはは使わないで楽しみましょう!

ARモードは使えるけど画面が上手く表示されない場合

原因:アプリの設定にある!

ARモードをオンにしても画面がうまく表示されない場合は、アプリがカメラ機能にアクセスする許可が出来ていない可能性があります。
この許可が出来ていないとアプリとカメラがうまく連携できずに画面が表示されない可能性があります。

解決法:端末の設定から許可しよう!

解決されない場合は使っている端末の『アプリ設定』からポケモンGOのカメラへのアクセスを許可しましょう。
iPhoneの場合は『設定』から『ポケモンGO』を選択すると機能をオンにできます。
ARモード設定画像

それでもダメな場合はアプリや端末の不具合かも…

上記をためしてみても直らない場合はポケモンGOや自分のスマホ端末に不具合が生じている可能性があります。
アプリの再起動や他に起動しているアプリを落としたり、スマホの再起動をしてみましょう。

コメントを投稿する


サブコンテンツ