batteri-se-ba-banner

バッテリーセーバーとは、ポケモンGOをプレイ中の消費電力を抑える機能です。この攻略記事では、バッテリーセーバーの使い方をご紹介します。

バッテリーセーバーとは

消費電力を抑えることができる機能!

バッテリーセーバーを機能をオンにすることで、消費電力を抑えることができます。
この機能をオンにしている状態で、スマホを逆さにすると、画面が暗くなります。
それによって、消費電力を抑えます。電力をセーブしながらタマゴ孵化などもできるのでおすすめです!
※バージョン1.30からバッテリーセーバーが復活しました。

バッテリーセーバー機能をオンにする方法

モンスターボールをタップ!

メニューを開きます。

設定ボタンをタップ!

右上にある歯車のボタンです。

バッテリーセーバーにチェック!

バッテリーセーバーと書いてある右の○内をタップしましょう!チェックマークがつけば、機能がオンになっています。

バッテリーセーバーの使い方

スマホを逆さにしよう!

バッテリーセーバーの機能がオンにしてから、スマホを逆さにしましょう。
画面が暗くなり、消費電力を抑えられます。なお、スマホ側のスリープボタンを押す必要はありません。

バッテリーセーバーがバグったときの直し方

スマホが正しい角度なのに画面が暗くなるバグ

まれに、スマホが逆さに向いていないのに、画面が暗くなる場合があります。
この状態では、スマホを逆さにしたときに画面が明るくなるようになっています。

アプリを再起動しよう

対処法としては、アプリを再起動することです。
これによって、正常に戻すことが可能です。

その他消費電力の関連記事はこちら!

コメントを投稿する


サブコンテンツ