kakin

ポケモンGOの課金方法について解説しています。クレジット決済だけでなく、iTunesカードやGoogle playカードを使った課金方法も掲載していますので、参考にご覧ください。

ポケモンGOの課金の種類

2016年7月22日にiPhoneとandroidで日本配信された『Pokémon GO』。気になる課金方法は大きく分けて二つあります。

iTunesカードまたはGooglePlayカードで課金

1番手軽に出来る課金の種類は、iTunesカードやグーグルプレイカードを購入して、コードを読み取ることで課金ができます。
課金額も1500~10000円とカードの種類も多いです。
課金したい金額のカードを購入しましょう。

クレジットカード登録で課金

もしクレジットカードをお持ちならば、クレジットカードを登録すると課金ができます。
しかもiTunesカードやグーグルプレイカードと違って好きな時に、好きな金額を課金できます。

カードを登録しよう

iTunesカードの場合

iTunesカードを購入したらスマホに登録しましょう。
App Storeのトップ画面の下までスクロールすると『コードを使う』という項目があるので、iTunesカードの裏に記載されているiTunesコードを入力します。

Google Playカードの場合

GooglePlayカードを購入したらスマホに登録します。
Google Playのメニューに『コードを利用する』という項目があるので、GooglePlayカードに記載されているコードを入力しましょう。

クレジットカードの場合

クレジットカードで課金する場合はゲーム内から直接購入できます。ショップ画面下に表示されているポケコインを選択すると購入できますが、まだクレジットカードを登録していない人はカード設定画面に移動するので登録して購入しましょう。

注意点

iTunesカードやGooglePlayカードはお金と一緒です。絶対に他の人に知られないように注意しましょう。

ポケモンGOアプリ内の課金方法

ポケモンGOでの課金アイテムは『ポケコイン』と呼ばれています。

1.メニューから「ショップ」をタップ

マップ画面のモンスターボールアイコンをタップすると右のようなメニューに変わります。そうすると項目『ショップ』とあるので選択しましょう。

2.ショップ画面からポケコインを購入

ショップ画面の一番下にポケコインの購入画面があります。
ポケコインの値段は120円~11,800円で販売されています。120円はモンスターボール×20個分の値段ですね。

3.ポケコインの購入完了!

購入すれば右上に表示されているポケコインの支払いが完了し、残高が変わります。

ポケモンGOにガチャは存在しません

今となってはスマホゲームで必ずと言っていいほど実装されている”ガチャ”はポケモンGOには存在しません。ポケコインはモンスターボールやルアーモジュール、バッグなどのアップグレードに使用しましょう。

コメントする

サブコンテンツ