kiyaku

ポケモンGOで規約違反・行為について紹介しています。知らないうちに規約違反をしている場合があるので、確認しておきましょう。

アカウント停止される不正行為

位置情報の偽装を行う改造行為やツールの使用 アカウント売買
1つのアカウントを複数人で使用 複数アカウントの使用
サードパーティー製のツール使用 -

サードパーティー製のツールは規約違反の対象になるため注意!

知らずに規約違反となっている可能性が高い行為として、サードパーティ製のツール使用があります。
有名な外部ツールのPOKEVISIONもその中のうちの一つです。

規約違反となるツールの例

規約違反になっているツールとしてナイアンティックのCEO・ジョン・ハンケ氏が『POKEVISION』を例に挙げました。

アプリ名 主な用途
POKEVISION リアルタイムでポケモン出現場所を表示
P-GO SEARCH リアルタイムでポケモン出現場所を表示
PokemonGO リアルタイムMAP リアルタイムでポケモン出現場所を表示
Pokémon GO Nexus 手持ちポケモンの個体値をまとめて計算
PokeIV 手持ちポケモンの個体値をまとめて計算

Googleアカウントを使用したツールは危険!

ポケモンを育成する上で重要なのが個体値です。ポケモンの個体値を見ることができる個体値チェッカーも規約違反となる場合が高いです。特にGoogoleアカウントを使用して手持ちのポケモンの個体値を確認できるPokémon GO Nexus(ポケモンゴーネクサス)やPokeIV(ポケアイブイ)などのツールは特に危険なので、使用はやめましょう。

不正行為はやめましょう

ログインできなくなるので気を付けよう!

チート行為は禁止ということは誰もが分かると思いますが、”アカウントを複数人で利用する”といった行為は知らずに違反している場合があるので気を付けましょう。

規約違反をしてしまったら?

サーバーからゲームデータを取得できませんでした。と表示されます

ゲームを立ち上げた際にサーバーからゲームデータを取得できませんでした。と表示されたらアカウントを停止された可能性が高いです。その場合の対処法は以下にまとめてあります。

コメントを投稿する


サブコンテンツ