sokudo

運転手以外の人が速度制限に引っかかった際の対処法を掲載!

速度制限について

「移動速度が速いためプレイを制限しています」と表示される

2017年8月9日のアップデートで、「速度制限」が追加されました。移動速度が速すぎる場合、プレイを中断するよう促す画面が表示されるようになりました。

時速40㎞で制限がかかる!

制限がかかると、下記のようなペナルティがかかります。

ペナルティ1 野生ポケモンが出現しなくなる
ペナルティ2 ポケストップが回せなくなる

運転中のゲームプレイ対策が目的?

アプリがリリースされ、車を運転中にポケモンGOをプレイするドライバーが問題視され、悲しいことに事故も多発していました。バイクや自転車も同じなので「速度制限」を設けたのでしょう。

また、歩行者のプレイヤーでも速度制限の画像が表示される場合があります。天候によるGPSのブレが原因です。画面ではキャラクターがダッシュしているため、速度制限に引っかかります。

速度制限に引っかかった時の対処法

「私は運転者ではありません」をタップしよう

歩いているのに表示されたら「移動距離が速すぎる」と判断されたのかもしれません。もし速度制限が表示されたら画面下にある「私は運転者ではありません」をタップすれば問題なくプレイすることができます。

距離は稼げる?

10.5km以下なら稼げる!

また、自転車でゆっくり移動すれば効率よく稼ぐことができます。その他距離の稼ぎ方は下記からご覧ください。

まとめ

運転手以外の人も普段から気を付けよう!

運転手じゃないのにに表示されたらプレイの邪魔となるかもしれませんが、歩行中のスマホは禁止です。表示された時に引き続き周囲の状況に気を配り、安全にプレイする時間にするのもいいかもしれません。どちらにしても運転手も歩行者も周囲に気を付けて安全にプレイすることが大事です。

コメントする

サブコンテンツ