tradehenka-banner

トレード(交換機能)が実装された場合、ポケGOはどのような変化を迎えるのでしょうか?
それについて、考察してみました。

トレードについて

下記リンクでは、トレードについての詳細情報を掲載しています。
基本情報から、トレードの検索範囲の考察や、よくある質問も掲載しています。

交換機能によって何が変化するか

強いポケモンが手に入りやすくなる

トレード機能があれば、自分が入手しづらいポケモンもゲットしやすくなります。人気のラプラスや、最強ポケモン・カイリューも進化させる手間がなくなり、優しいトレーナーからトレードしてもらえれば、簡単に入手できるようになります。
最高レアのポケモンや人気のポケモンもトレードしあえば、ポケモン図鑑のコンプリートに近づきますね。
また厳選もグッと楽になります。高個体値のポケモンを交換によって入手することができます。
個体値厳選の手間も大幅に削減することができます。
そうすればジムバトルでも活躍できるようになります!これでジム戦バランスを解消することもできるようになる?

ジム戦苦手の対処法となる?

また、トレーナーレベルが高いプレイヤーには、高CPの野生ポケモンが出現します。
トレードが実装されれば、レベル上げをせずに高ステータスのポケモンを入手することが可能です。
高ステータスを持ったポケモンはジム防衛用、ジム攻撃用どちらでも役に立ちます。
攻略下手プレイヤーは、自分のレベルが上がるまで、もらった高ステータスのポケモンでジム戦・トレーニングバトルを繰り返しジムレベルを上げる、という手段が可能になります。

巣に行く必要がなくなる?

遠くの人とも交換できる機能が実施されれば、巣の場所にいる友達から送ってもらうことも可能になるので、わざわざ巣に通う必要もなくなる可能性も(笑)
ポケモンの巣情報まとめは以下から!
巣全国一覧を公開しています!

地域限定ポケモンがなくなる?

もしも、世界中の人と通信交換できた場合、捕獲方法・出現場所が限られている地域限定(海外限定)のポケモン(日本ではカモネギ)を海外の人と交換することもできます!図鑑コンプリートも夢じゃないですね! しかし、通信交換が搭載されると地域限定要素がなくなるので、ポケモンGOの良さもある意味で半減するということもできます。
ポケモンGOは、インターナショナルゲームとしての地位を獲得しています。ナイアンティックCEOのジョン・ハンケはイングレスの「プレイヤーを外に出す」というコンセプトをポケGOに受け継がせています。
トレード機能は、Bluetooth仕様で制限的に運用し、あとは入手場所の情報共有などで日本版や海外版のポケGOとの差異を図るのではないでしょうか?
公式の動画内では、近くの人と交換していたので、ブルートゥース交換は有力です。

経験値の取得もできる?

トレードをすることで少なからず経験値が取得できるようになるのではないでしょうか。
友人とスマホ画面を突き合わせてひたすら交換することでトレーナーレベルをアップさせることができそうです。

田舎に住んでいるトレーナー歓喜?

都心と田舎ではポケストップの数に差があり、ポケモンの出現率に差があると言われています。今後場所や地域によって差が出ないようにするとのことですが、トレードがあれば図鑑のコンプリートが早く終わりそうですね。
地方都市との格差を取り除くのも、ナイアンティックの今後の課題だと思われます。
ジムやポケストップの解除申請方法は、存在しますが、申請方法は存在しません。ポケストップの申請を受け付けるようになるか、ポケストップに新たな機能を設けない限り、都市部と田舎の格差が埋まることはないでしょう。

相棒機能との相乗効果でアメ大量入手!?

相棒ポケモン機能は、原作のポケモンでは「連れ歩き」と言われています。
好きなポケモンを自分の後ろについてこさせる機能です。
この機能によって、バディとして連れて歩いたポケモンのアメを入手することができます。
レアなポケモンをトレードしてもらってから、相棒にすれば、ゲットせずともアメを入手することができるようになります。

簡易チャットが実装される?

遠方の人とトレードできるようになった場合、ゲーム内で簡単なチャットができるようになるのではないでしょうか。
ポケモンGOはゲームという枠を超えて、コミュニケーションツールとして活用されてきています。
ポケモンを交換するという行為が生む人との交流をより深いものにするためにも、簡易的なチャットシステムは必要です。
ポケストップのポケモンセンター化もささやかれているので、トレーナー同士の新しい形の交流もあり得るのではないでしょうか。
もしくは、当サイト交換掲示板をご利用ください!

レアポケモン入手が可能になるかも?

交換・トレードが実装されることにより、レアポケモンを入手できる確率が増えます。
もし、知りあいや、友達がレアポケモンを複数持っていた場合、好意によってレアポケモンがゲット出来るかもしれませんねw
その場合、かなり頼み込まないと交換してくれなさそうですがw

イベント限定ポケモンが交換できる?

ポケモン初イベントとして「ハロウィンイベント」が開催されました。
今後開かれるイベントでイベント限定ポケモンが出現した場合、イベント参加者のみがそのポケモンを入手するということになります。
その際、ポケモンを交換する機能があれば、イベントポケモンをシェアできますね!
今後開催が予想されるイベントは下記から!

ポケスポットに行く必要もなくなる!

ポケスポットにいく必要もなくなりそうです。ポケスポットとは、ポケストップの密集地を指します。ポケモンの巣と並んで、ポケモンを一気に図鑑追加できる場所となっています。
しかし、交換によって、いろんなところに行かなくてもポケモンをゲットできてしまう問題点があります。
下記リンクでは、おすすめスポットまとめを掲載!

RMT問題が浮上してくるかも

課金用アイテム交換が可能になった場合、RMT(リアルマネートレード)が蔓延するでしょう。
人気アプリなだけあり、総プレイヤー数は他のゲームよりも多いです。したがって、こういった不正行為を止めることは困難でしょう。
※RMT…ゲーム内アイテムやアカウントを、現実の通貨と交換または売買すること。

コメントを投稿する


サブコンテンツ